当ブログで使用のテーマSWELLのデモサイトをみる

収益化ブログ14ヶ月目に気づいたこと

結論から言うと「向いてなかった。だからやめることにした」ということです。

いや~、つらかったw。そしてやめると決めたらすごく元気になった!

でもね、これはマイナスや失敗じゃなくて。いろんなことに気づけたし。そのために必要だった時間だと思ってる。

目次

14ヶ月のブログ生活をふりかえる

2021年6月8日、なんの勉強もなく 手順が書かれたブログを参考にワードプレスの開設をはじめた。

ワクワクでスタート直後に奈落の底へ

“家族ファースト”をやめて、自分のために生きる、学ぶことで成長したい、誰かのためになることを実感したい

ちぇりのブログ 運営者情報より

子育て卒業後の人生をかけるものとして『収益化』を目標に、ブログをはじめてみた。

子育ても家事も家計管理もがんばってきた(と思っている)ので、そのあたりを発信してどこかの主婦さんのお役に立てれば、と思っていた。

ところが

ブログ運営にあたり、

  • 「あなた個人の意見を書いてもだれも読まない」
  • 「自分語りをするな」

など、わたしがやろうと思ってたことを全否定する記事を目にしてしまい、かたまってしまった。

それは

収益化ブログの最短の正しい道が見えているひとが

迷える初心者ブロガーたちに教えてあげたい

そんな気持ちから書いた記事で、言っていることは決してまちがいじゃない。

ただ、私はそれを読んでボーゼンとなり、毎日だれかのブログを読みあさり、そのブログ運営者のプロフィールやブログにかける思いを読んで、ただただ悩んで迷う日々を過ごすことになった。

浮上と停滞のくりかえし

その後も元気が出たり自分の能力の低さにへこんだりをくりかえしながらブログに向き合っていた。

いま思えばブログを始めて5ヶ月後ぐらいには苦痛を感じ始めてた。

マーケティングや分析に興味がもてない

それでも毎日あいてる時間はブログの勉強をしたり

ブログのことをかんがえて過ごしていたけど

ブログ運営を学べば学ぶほど、

  • PVをかせぐこと
  • サイトを検索上位に表示させること
  • ブログ訪問者などのデータを分析
  • 戦略を立てる

などに興味が持てないことにうすうす気づきはじめた。

 

そう思いつつも

「石の上にも三年」って言うし、数年は勉強期間だと思ってマイペースでがんばろう、ノロノロペースでもやめずにがんばろう

などと思いながら、数ヶ月をすごした。

2022年6月ブログをはじめて1年がたっても、そんな感じでやめる気はなかった

完全に動けなくなり、好きなように書こうと決める

なんとか自分が発信できることを模索していたけど、もうほんとに書くことやブログに向き合うことが辛くなってきた。

自分は「収益化ブログ」どころか、文章を書く能力がないんだ。

それがわかっていてもブログが捨てられない。

そこで

もうなんのルールにもしばられず、好きなことを好きなように書いてみよう。ブログを始めるときに書きたかった内容で、短くてもいいから毎日更新してみよう、と決めた。基本ができないのにむずかしいことができるわけないから。

その結果と気づき

はてしなく低いハードルにしてみた結果

やはり1日も書けなかった😢。

 

「書けないってどういうこと?なんでも書けばいいじゃん」と思いますよね。ほんとに。

  • 自分の意見への自信のなさ
  • 記事の構成が考えられない

この2つに苦しんだ。

 

調べてみると、『抑うつ状態』だと思考力の低下って状態があるらしい。頭が働かない感じ。

そして、自分に自信がなく、毎日を楽しめない、、。

 

そんな人間がなにを書いても、おもしろいものにはなりそうにないな。

そう気づいたとき、やっと「ブログをやめよう」と思えた。まずは心を元気にしたい。

やめる決心=ありのままの自分を受け入れること

そもそもスタート直後から苦しみがはじまっているのに、どうしてブログをやめられなかったのか。

はじめたときの気持ちを運営者情報からひろってくると答えは見えてきた。

今までの人生をふり返って、「あんなに努力したことはないな」と思える経験がありません。(中略)

しんどい中には必ず成長があるし、達成できたときの満足感、達成感は頑張った人にしか味わえない『未知の領域』。

達成感を感じてみたい!まだ見ぬ世界を体験してみたい!

ちぇりのブログ 運営者情報より

死ぬほどの努力によって見える世界を見てみたい。

この言葉をうらがえすと

死ぬほどの努力も、その先の目標達成も「自分はできる!」

と思ってたんだなぁ。

 

自分はやればできると思ってたから

  • できない自分を認めたくない
  • 自分にがっかりしたくない

そんな気持ちでブログを手ばなせなかったんだ。

『大したことない自分』に気づけてようやく

自分がまともに文章が書けないということ、誰かのためになるコンテンツなんて生み出せないこと、『収益化ブログ』なんてとんでもないことを受け入れられた。

ブログを手ばなして見えてきたもの

いつからかブログが重荷になっていたので、ブログから離れることを決めるととても心がかるくなった。

なんとも言えない開放感!

あぁ、かなり無理してたんだな、自分。

あきらめるのはネガティブなことではない

やればできる」と思っていた自分が「できない自分だった」と気づいたことは決してネガティブなことではないと思ってる。

「あぁ、なにか1つぐらい死ぬほどがんばればよかったなぁ」と思いながら死ぬことがなくなったからね。

自分はちっぽけな人間ながらも 子どもたちや親には尽くしたし(ダンナは、、)、なんでも話せて受け止めてくれる友達にも恵まれたし、いい人生だった、と思えるんじゃないかな。

ブログをはじめるときの目標としていた『自己肯定感をあげたい』という思い。

予想とはちがう形ではあるけど、達成できたのかもしれない。

意味あるもがきだったと思う。

世界はひろく、そしてワクワクにあふれてる

とにかく、今の自分からはなにも絞り出せないんだから、苦痛でしかないブログから離れて好きなことをしよう。

とりあえず、ダラダラとYou Tubeをみることを『悪』だと思って封印していたけど、好きなだけYou Tubeを見ることにした。

そしたら

ものすごくおもしろい世界がそこにはひろがっていた!

日経テレ東大学と成田悠輔さんのおもしろさ

もともと、頭脳でも芸術でも人並み外れた人に興味とあこがれがあり(みんなそうか)、成田さんの禅問答のような発言がツボった。

AかBか?の答えが

「AかBか?で考えるのではなく、むしろCが大事なんじゃないか」

みたいな感じで、自分の固定概念とか固くなった頭や心がほぐされる感じがイイ。

ちぇり

スナフキンみたい

 

そして、日経テレ東大学のプロデューサーの高橋氏(ピラメキパンダさん)が、いままで別世界で活躍していた天才たちを次々と陽のあたる場所にひっぱりだし、ふかぼりし、今まで知ることない世界を見せてくれる。

今までぜんぜん区別がつかなかった政治家たちを、まっとうな人とどうしようもない人とわかるようにしてくれる。

時代をひっぱっている若くて才能あふれる人たちの頭の中をのぞける。

こんなおもしろい世界が生まれてたなんて!

気づいたらめちゃくちゃ元気になってた

2週間ぐらいYou Tubeの世界に没頭して日経テレ東大学の動画をみまくった

いろんな場所で頑張っている人をみて感動したり、頑張らずいろんなことに意味を求めない成田さんをみていたら、とても元気になっていた。

ブログを始めるまえにずっとYou Tubeが好きだった点は、一個一個のコンテンツのおもしろさや、知らないことを知る楽しさもあるけど、ずっとみていると世界の流れや流行りがわかるところでした。

ダイエットにしろ健康や食事や働き方のブームや衰退、思考や時代の流れみたいなものを感じられる。

それが、ブログと向き合ってへこんだりこじらせてYou Tubeを見ないあいだに、世界から置いてかれた気がした。

これからについて

たくさんの討論系の動画をみて胸にささるたくさんの言葉をあびて、やっぱり『言語化能力がほしい』と強く感じる。

自分の中にあるモヤモヤを言葉にすることで、なにかを見つける気がしてならない。

そのためには感じたことを言語化するしか鍛えようがないので、鍛えるために書く。誰のためにもならない、なんの役にもたたないことをこのブログに書いていこう。

だれも読まなくていいから、KWとかPVを気にすることなく自由に書ける。

ネットの海にだれの役にも立たないひとり言を流してみよう。

 

自分のこころと向き合いたいので、心理学も学ぼうとおもう。

心理学はずっと興味があったこと。

どうなるかわからないけど。

 

ゴールを決めずにすすんでみよう。

何かを書き残したいと思ったり、無の境地にあこがれたり、いよいよ『シルバー世代』に突入って感じでいいw。

 

(誰にも読まれないことを願いつつ、ひとりごとを世に放ってみる)

PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメントする

CAPTCHA


目次